いかだチヌ釣りにおいて、竿に求められる重要な機能のひとつが穂先の動きです。穂先は誘いあたり、魚の状況、エサの状況、海の状況など様々な情報を釣師に伝えてくれます。いかだチヌ釣りの楽しみの一つである“誘いあたり”については、誘いの微妙なコントロールからあわせまでの一連の動作が釣果に大きな影響を与えます。この“誘い当り”までを重要視し、根本から見直したのが『がまちぬ 競技スペシャル3』です。最大の特徴が、#1(穂先)を短くした先短設計ロッドバランスです。穂先の、特にグラスソリッド部分を短くする事による持ち重りが軽減し、たわみが減ることによりコントロール性能が向上しました。また、曲がりがパワー伝達部分の#2(元竿)にすばやく入る事で、フッキング時、ファイト時のパワーが向上しています。さらに極先調子、先調子の、タイプの異なる2種類の穂先が標準装備されており、様々な状況に対応する事ができます。

最新な がまちぬ いかだ 競技SP3 1.5m-ロッド・竿

メニュー

クリーブランド RTX-4 ウェッジ ツアーサテン仕上げ N.S.PRO MODUS3 TOUR120 スチールシャフト [2018年モデル] [有賀園ゴルフ]

最新な がまちぬ いかだ 競技SP3 1.5m-ロッド・竿